« 著作権考 | トップページ | 鏡身鏡写 »

2014.07.03

非戦準備

Top350_2
原発問題、教育問題、国政その他メンドクサイ話題にイッチョカミ
ちょっぴりシニカルに、時々ポエマーに、たまに毒々しく
コッチにまとめてますんでよろしければドゾ(w)

※     ※     ※

安倍内閣が憲法の解釈を変更して
集団的自衛権行使を容認することを閣議決定しました

この問題について
ネットでや各種メディアでの
様々な反対意見や容認意見を見てると

比較的声の大きな
一部の勢力の見方に対して
かなり違和感があるモンですから

改めて
自分の見解を整理し
ココに公言しておきたいナと

そう思って綴ったモンだから
かなりの長文になってしまいました
トイレは先に済ませてからご覧くださいまし



----->゜))))彡



まず最初に
戦争についてですが
当たり前だけど御免被りますワ

ですが今回の
集団的自衛権の話になると
直ぐに「戦争に巻き込まれる」って
行使容認に反対するヒト達は声高に叫びます

そして是非入り混じって
攻め込まれても無抵抗でイイとか
ミサイル撃ち込まれてからでは遅いから
攻撃こそ最大の防御だとか論点がずれていきます

挙句に出てちゃうのが
憲法9条の改正を発議して国民に問うべきダー!
という抵抗勢力らの一見もっともらしい反駁なんですが

ソレこそアタシは大問題と考えます

・・・・・・・・・・・・・

戦争放棄の憲法9条
コレを改正しようなんてとんでもない

アタシはこの話を
真顔でクチにする集団こそ
うまく憲法が改正されるよう暗躍して
日本を戦争に巻き込もうとする陰謀を持っている

そう感じてなりません 怖い怖い

だって国民の総意なんだもん
なんて言いながら軍事国家へ一直線
そうされてもそうなってももう文句が言えない

そうだと思いませんか?
そうだったと思いませんか?

・・・・・・・・・・・・・

言っておきますが
自衛隊は軍隊ではありません
正確には「今は」軍隊ではありません

日本が攻められたら
防衛軍として「軍隊になる」組織
有事の際に備えて日本が持っている「武力」

だけど「今は」軍隊ではない

軍隊でないけど
警察や消防には持ちえない
デカイ規模でスゴイ装備があるんだから

災害時には救助隊として
警察や消防に出来ないことをやる

何時でも「軍隊」になれる
でも今は「軍隊」ではない

戦争を嫌って
平和を願う方法として
そういう「論法」でやってみる
そんな選択肢があったってイイと思うし
国際的にもある程度そういう形で認知されてる

アタシはそう思うんです

・・・・・・・・・・・・・

もっともこんなモノは
日本以外の国にしてみれば
イイワケ以外のナニモノでもない

多国籍軍に混じってしまえば
自衛隊は負けず劣らず立派な軍隊にしか見えない

日本が国連に加盟している以上
集団的自衛権を「放棄」するってコトが
不可能なのはスイスを見ててもわかるんですが

だからといって
国連と一緒に戦争する責任が
本当にあるのかというとソコは別問題でしょう

この辺むしろ
これまでの憲法解釈で
「保有しているが行使できない」
なんて言うから矛盾だなんだと云われるのよ

中途半端な立ち位置に
さらされた自衛隊にしてみたら
ソレこそ大迷惑だったのではないかと

今回の行使容認の件は
多国籍軍に加わるかどうかという
地球の裏側まで自衛隊をデリバリーするコトを
視野に入れて考えなくてはいけない問題ではありますが

安倍内閣の本意は
近隣諸国への抑止力の意味が強く
ソレは中韓のコメントを見てもそう感じます

・・・・・・・・・・・・・

拳銃持ってます
勿論タマも入ってます
日ごろの練習も欠かしません

キミがボクになにかしない限り
ボクからはキミに向かっては撃たないからね

っていうヒトと

キミがボクらになにかしない限り
ボクからはキミに向かっては撃たないからね

っていうヒトとは
そう大差があるとは思えません

ボクやボクらと敵対してなければ
端からまったく気にする必要ないワケだし

ボクと敵対したいとか
ボクを除くボクらと敵対してるなら
ボクとボクらを切り離して考えるかどうかは
相手が相手の都合で勝手に決める問題なんだもんネ

・・・・・・・・・・・・・

前にも言いましたが
日本は「今でも」戦争支援国家なんで
日本を除く諸外国と敵対してるヒトらにしたら

「わざわざ個別に攻撃する対象でない」

っていうだけの話であって
日本人がアメリカ人らと旅行したり
自衛隊が国連軍と一緒に活動している時に
日の丸だからといって攻撃を躊躇してくれるかというと
そんな保証も担保もまったくないのはもう言うまでもありません

そしてココが大事なんですが

「わざわざ個別に攻撃する対象でない」

としてくれてた理由をあげるならば
今回問題になってる集団的自衛権の行使を
容認するとかしないとかそんな程度の低い話でなくて

これまで日本という国が
世界中に対して行ってきた支援や
NPO等で活動する日本人の善行の賜物でしょう

それらがこんなコトで
簡単に揺らいでしまうような
脆いモノではないと思うんですけどネ
もっと自信持ってもエエんじゃないのかなと

アタシはそう思うんです

・・・・・・・・・・・・・

日本は外交が下手だとか
今回の件は無能さを認めただとか

外交官の心情や
裏の実情や現場の苦労なんかを
ろくに知りもしない人達が言うのを聞くと

ビール片手にテレビの前で
監督の采配や選手のプレーを愚痴る
ニワカサッカー評論家と同じレベルに感じます

今回解釈変更を急いだのには
それなりの理由があると考えた場合
本当に大切なのはコレからだと考えてます

集団的自衛権の行使については
国連に加盟している以上ついて回る問題だけど

日本は先にも言ったように
国際紛争の解決手段に武力は用いないと
憲法で決まってるんだってコトを前面に出して

自衛隊は
日本以外の国における
いかなる戦争にも加担しないし
いかなる紛争の解決にも助成しないぞ
だから戦争中と紛争中の国には派遣しませんから!

と国連にも明言したうえで

戦争中の国(戦場なんて一部分ぢゃなくて)
紛争中の国(テロかクーデターかは問わず)

を随時国会で決定するコトと
即座に対応できる体制を整備するよう
関連する法案を定めて有事に備えるコトこそ
本当に「戦争巻き込まれない」ために必要なんだと

アタシはそう思うんです

・・・・・・・・・・・・・

今回の件で「普通の国」になった日本

コレを「成り下がった」か「成り上がった」か
どう判断するかは各自で勝手に評価すればイイだけの話

大事なのは
普通の国であっても
戦争をしないでいられる日本
ソレを証明してこその憲法9条ぢゃないかナと

最後に安倍内閣が
この問題を国民に説明するに際し
持ち出した例示が大変ヘタクソな件について

コレが素であるなら
なんとも結果オーライですし
もし作戦としてこの手法をとったなら
恐ろしく優秀なバックが裏に控えているのでしょう





----->゜))))彡



banner_01 


反対反対ゆうてる皆さん
本番はコレからですよーっ!

|

« 著作権考 | トップページ | 鏡身鏡写 »

コメント


政治人は国民と対話しません。
政治人は言葉のキャッチボールなんかする気ありません。

もうね、決まってしまったものは仕方ない。
結果に対して論陣を張るのは誰でも出来るし、時間のムダ。
自論の納得の場としているテキストが何と多いことか。

今更、幹に関する部分にアレコレ意見してもそれ等は本質的に
報われませんので、ここは1つ前に向いて進みましょう。

アタシが注視しているのは "今後付随して決定される" 法整備。
日本人ってのは喉元過ぎると何とやら、ですから

安倍さんは先日での法案成立が最大のヤマ場だったと思うんですわ。
あとは、勢いでササ~ッと法整備をして一丁あがり、ってプロセス。
ですので、反対する人は "今から" が勝負だと思いますよ。

「戦争に繋がるモノはダメ、9条があるやん」 ってのが反対派の主張。
一方、安倍さんは 「巻き込まれた場合に対する備え」 という主張。

そりゃ話は噛み合いまへんわ。
ムリムリ。

日本って国には困った事に本音と建前がありまして。
今回の場合、お互いの本音と建前が主張に入り混じってる
もんで更に噛み合わない。

有事に備えて考え行動するのは当たり前だと思うんですわ。
様々な事を予測、備える事によって発展してきたのが今の日本だし。

そういうオメーはどうなのさ、って?

右隣が意思疎通の出来ない人でした。
左隣の家が面倒クサい人で攻撃的な人でした。
向いの家の人が社会的に問題のある人でした。
裏側の家の人が協調性に欠けた人でした。

仮にそうであるならば、アタシは "備え" ます。
判断の基準は全て現在。

アタシは "相手の鏡" として振る舞います。

受けた恩は忘れません。
背中を踏まれたら踏み返します。

そういうプリンシプルで生きてます。

勝ち負け、どちらも経験した人なら判ると思うんだけど
力のない正義って無いのよね・・・・

人に闘争本能がある以上、争いってのは無くなるワケないし
どっちの側も清濁併せ呑まないとアカンのですよね。


投稿: イヌ | 2014.07.04 12:17

アタシはね、集団的自衛権については

集団的自衛権を「保有している」という時点で

行使を容認しようがしまいが
内側向けのイイワケで
相手にとっては
そう大差ない

そう思ってます

だもんで
今回の決定を言い換えれば

いままでは覚悟がなかったけど
こえからは覚悟ができた

この程度の差だと思います

だから有効な相手は
これまでもめったに出張らなかった
地球の裏側のオイルドバーな国々ではなくて

一つの領海をはさんで
何時ドンパチが始まるかわからない
お隣さん達に対してのメッセージであって

その内容っていうのも
同盟国(まぁ米軍のコトだけど)
を攻撃したらウチらも黙ってないぞって

そういうメッセージではなくて

日本が攻撃されたとき
同盟国にキチンと集団的自衛権を
行使してもらうために立ち位置魅せとくワ

というメッセージだと思ってます

・・・・・・・・・・・・

今回の行使容認反対のヒトが言う内容のうち

何十年も守ってきたナニガシというのは
何十年前とは情勢もナニも変わったし

本気で戦争加担ゼロを表明するなら
集団的自衛権の「保有」自体を
否定する必要があり

それには国連から脱退も
辞さない覚悟まで必要になってくる
その辺を解っていってるのかなって思うのよ
それこそ先の大戦前の日本の状態に近くないすか?

戦争に巻き込まれる

ココについては
キチンと分けて検討すべきで

1)地球の裏側から要請があった場合
何時どの国のドコまで行くか

2)ヒトツ海を挟んだお隣さんと揉めた場合
海までで済ますか、上陸するか

ココをハッキリ具体的にする
その必要があると思っていまして
是非ともソコを焦点にして騒いで欲しい

1)は世界平和のためとはいえ
出来ることと出来ないことを明確にするというコト

2)は例えお隣さんと云えど
上陸まですべきかどうかを今から決めておくコト

有事に備えるにあたり
戦争をしたくないという勢力が
本当に戦争に巻き込まれたくないと思うなら

内輪のイイワケについてキーキー言うより
実際にどうしたら備えれるかを
しっかり話し合って欲しい

まぁ最大野党も集団的自衛権には前向きだし
下手に憲法改正ダーとかの動きになって
最悪の結果にならないコトを
祈ってなりませんワ

投稿: ポン | 2014.07.04 16:42

つーか、難しく書くねぇ。
そこまで書かんでも判るよ。 短い付き合いじゃないし
そもそも意見が根本的に対立しているワケでもない。

ただ、相違部分はありそうだな。
違う人間なんだから当たり前だけど、おそらくそこには
お互い踏み込まないと思う。

そういうところも含めての共有。
短い付き合いじゃないんだからねぇ。

集団的自衛権についてはもういいや。
答えの正誤はともかく、解釈の相違なんぞ頭を使うような
もんでもないし、言葉遊びにもなんない。

何より成立しちゃったんだし、今後の政権が悪用しない
事を願うしかナイわな。

-----

ならんでしょ。
少なくとも内側から崩壊するような国じゃない。
日本って国は。 派手さは無いけど質実剛健系。

技術、資質、政治 (国の安定って意味ね)
この辺りのレベルが低くないから先進国にカテゴライズされて
いるワケで。

直接攻撃 (戦争) なんかしないと思うよ。 この国は。
今の時代、相当の理由がないと国際世論の擁護は
受けられない。

デメリットは過去で学んでいるハズだし、そうでなくとも
普通の生活においても周囲に気を配った振る舞いを
している。 調整型なのよね、気質としては。

人は・・・
社会(会社)に属している。
市に属している。
県に属している。
で、国に属している。

って事は、日本という国で平和に暮らすためには上記に
挙げた3つのレベルが高い水準である必要がある。
国がフガフガであってはならないワケですわ。

大切なのは国益なのよね。
こんなのはどこの国でも同じなんだけども、天秤の片方には
必ず国益が乗っかってる。

ところがそれっぽい話をすると、即座に "右"。
この風潮がアタシは嫌い。

って、ポン君のテキストに対するヤリトリが続いているけど
これって答えあるのか~?

お互い、誰かに向けて発信しているような口調でもないし
今更、ダラダラと文字で "共有の確認" みたいな事しても
時間の無駄ですがな。

てなワケで、今夜はタヌキカーの断熱対策でもすっか♪
鉄板一枚しか無いから、シリが暑いんじゃー

荷室からハギ取った断熱材を切り貼りしてみよう。

投稿: | 2014.07.04 17:49

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 非戦準備:

« 著作権考 | トップページ | 鏡身鏡写 »